さまざまな治療法

顔

ヒアルロン酸注入法

目の下のたるみを解消するための治療方法の中で最も効果的なものは、やはり手術を伴う治療です。その中で現在注目されている手術は注入法と呼ばれる手術です。この注入法の手術の中で典型的なものはヒアルロン酸注入法です。これは体内にある保湿成分であるヒアルロン酸を体外から注入することで、目の周辺をふっくらとしたものにする効果があります。ヒアルロン酸はもともと人間の体内に必ず存在する成分なのですが、年齢を重ねると、その量が減っていきます。そのため、それを補給する目的で注入します。ヒアルロン酸を注入されると、目の下のたるみが改善されるだけではありません。保湿効果も高まり、若い頃の肌を再び手に入れることができるのです。

フェザーリフト法

目の下のたるみの手術は、注入系だけではありません。糸で肌を吊り上げる手術もあります。その代表例がフェザーリフト法と呼ばれるものです。これは糸を皮膚の下に挿入して、目の下でたるみとなっている皮膚を上に持ち上げる効果を持っています。糸を使うということで心配される人もいるかしれませんが、この糸は非常に特殊な糸のため、時間の経過とともに身体の中に溶けてしまいます。しかも、糸が溶けても効果は持続するのです。それというのも、糸があるときに糸の周りには繊維が生まれます。その繊維が糸の代わりとして皮膚を吊り上げ続けてくれるのです。しかも、肌の細胞を活性化させる効果もあり、コラーゲンが分泌されて肌が若々しくなるという副次的効果もあります。